【東大生が教える】東大受験指導専門塾「鉄緑会」に入れば
ほぼ確実に東大に合格してしまう3つの理由(2019,8/30更新)

Pocket

はじめに

鉄緑会という塾を、知っていますか?


鉄緑会とは
鉄緑会(てつりょくかい)は、大学受験専門の学習塾。 東京大学や京都大学などを志望する中高一貫校の生徒を対象としており、難関大学や国公立大学医学部に多数の合格者を輩出することで知られる。

まず最初に、僕がどうやって鉄緑会に入ったのかを簡単にお話ししたいと思います。



僕は都内中高一貫校に通っていて、成績は最悪でした。



学年ランキングは310人中300位くらいをキープしていたのですが、



ある事がきっかけで東大を目指すことになりました。



そこら辺の詳しい話は別記事で。

志を高く、第一志望に合格する事こそが自由な人生への最短ルートだ!

2019.04.27

東大受験についての情報を集めているときに、鉄緑会の存在を知りました。



スパルタ指導で有名で、東大の合格率が圧倒的に高い事と、



勉強を指導してくれるコーチのような存在が欲しかった僕は



何としてでも鉄緑会に入りたい!!



こうして初めての鉄緑会入塾テストを受けることになります。



僕は、正しいハシゴさえ掛けてくれるのならば



そのハシゴを登りきる謎の自信がありました。



そして、この鉄緑会という存在が、



僕にとっての正しいハシゴをかけてくれるであろう存在である事は明白でした。



そして一回目の入塾テストの日がやってきます。



結果は当然、不合格。



試験に落ちたのは、小学生のサピックス入塾テスト以来でしょうか。



実に人生で2回目の出来事でした。



それでも僕は諦めませんでした。



次の入塾テストまで、必死に勉強しました。



僕は友人に勧められた大学への数学(黒)を購入して、



基礎が完璧になるまで何度も繰り返しやりました。

大学への数学I&A (大学への数学シリーズ)
大学への数学II&B

鉄緑会に合格してしまった!!

二度目の入塾テスト、手ごたえはバッチリでした。



英語の長文は解けなかったのですが、



数学は基礎的な問題ばかりでした。



この時は知らなかったのですが、鉄緑会は基礎の基礎を本当に重要視しています。



だからこそ、入塾テストでは基本的な事項が問われたのでしょう。



さて、こんな形で最底辺だった僕は、



鉄緑会に入ってしまいました。



ここからは皆さんが期待している、鉄緑会のスパルタ指導について



覚えている限りで紹介しようと思います。

鉄緑会で学んだ正しい勉強法を手に入れる為には!?

この記事を読んでいるのは受験生がほとんどだと思いますが、
受験で勝つ為には、勉強のプロから直接指導を受けるのが確実です。

勉強を始める前に、正しい勉強法を知っておくことを激しくオススメします。

何故かというと、我流の勉強法で勉強をしていても、

「たくさん勉強しているのに成績が上がらない!」とか
「勉強しても成績上がらんしゲームしちゃおっ」とか思っちゃうからです。

だって、その勉強法で絶対に成績が上がるかなんて、分からないですよね。

正しい勉強法を知るためには、
受験勉強を極めた存在である東大生に聞くのが一番良いです。

俺が鉄緑会で学んだ正しい勉強法や、
東大生が当たり前にもっているマインドセットなどは、
毎週発行しているメールマガジンで無料で見れます。

更に俺が受験生時代に使ってよかった参考書や勉強習慣の作り方など、
受験勉強に役立つ情報をたくさん紹介しているので、
是非登録してみてくださいね!!

メルマガ読者限定のコンテンツや、特典PDF、限定動画を配ったり、
数学で受験生が良く間違えるポイントなどについても、

丁寧に解説しています!!

勉強に関する質問も、メルマガ読者には優先的に答えています。

下記ページから5秒で登録できるので、
タダで勉強法を手に入れちゃってください。

メルマガ登録ページはこちら!

鉄緑会のスパルタ指導その1
居残り授業が当たり前

高校の授業が15時には終わると、そこから代々木の校舎に移動します。



17時から鉄緑の授業が始まって、



授業が終わるのが20時だったと思うんです。



でも、この時間に帰れる生徒はほとんどいません。



20時を過ぎると、「お帰り問題」が出題されて、



この問題を解けた人から順に、家に帰る事ができます。



周りは中学1年生から鉄緑に通っているエリート中にエリート達。



成績最底辺だった僕は当然の事ながら、毎回最後まで残される事になります。



帰宅の準備が出来るのは、23時を過ぎてからでした。



数学・英語・物理・化学で週4日授業を取っていた僕は、



当然のように毎回23時まで居残りをさせられていました。



でも、これが僕にとっては良かったのかもしれません。



最高の環境でした。



厳しい先生に指導されながらも、



勉強に集中できる環境が整っていたのです。

鉄緑会のスパルタ指導その2
宿題がマジで多い

鉄緑会の授業スタイルは、



数学なら先生が解答を黒板に書いて、それを生徒が模写して、



分からなくてもいいからとにかく典型問題の解き方を



理解・暗記するというものでした。



家に帰ってからノートを見返して、深く理解して、



自分の知識として習得するまでもかなりの時間がかかります。



それだけではなく、膨大な量の宿題が課されました。

英語の宿題
・英単語
・文法
・リスニング
・英作文
・東大の過去問
・英熟語
数学の宿題
・数学確認問題
・授業で扱った問題の復習
・授業で扱った章の問題集
・次の授業の問題の予習

英単語は1週間で350個の単語を覚えさせられたり、



英語のリスニングに至っては、イギリスやインド訛りの英語を聞かされて、



数学では良問を中心に典型問題の演習をさせられた。



国語の宿題では、大学入試で出題されうる全範囲の漢字を覚えさせられた。



物理や化学も膨大な量の宿題が出されました。

鉄緑会のスパルタ指導その3
中3までに高校課程を含めた
全範囲を勉強し終える

これがスパルタ塾たる所以かもしれませんね。



僕は高2から中途入塾した身なので、



これがどれほど恐ろしい事なのか分かりませんでした。



僕が配属されたのは一番下のCクラスなのですが、



その上のBクラスやAクラス、SAクラスなどとは



レベルが桁違いに異なっています。



SAクラスなんて、高1の時点で、



東大英語で120点満点中117点とるやつとかがいます。



本当に恐ろしいですね。



中1から鉄緑会に通っている人は、



中3までに高校課程の全範囲を終えます。



僕の友人で一人だけ鉄緑に通っている人がいたのですが、



そいつは僕が方程式を習っている横で、


ベクトルの問題を解いていました。



英単語なんて、僕が高3で必死に覚えた『鉄壁』を


中3から高1にかけて、全て覚えるそうです。

てよログ公式メールマガジン
「大学受験必勝講座」(無料)

俺は運が良かった。
親が東京へ転勤してくれたおかげで
鉄緑会と出会えた。

俺よりも、もっとやる気のある受験生はたくさんいただろう。

それでも、環境が許してくれなければ、鉄緑会みたいな最高の受験塾に入る事さえできない。

俺はそういう地方格差があるのが許せなかった。

もしかしたら父親の転勤先が愛媛だったかもしれないし、長崎だったかもしれない。

そんな場所では自分よりも圧倒的に知識のある強者たちと出会う事さえできないし、東大卒まみれの鉄緑会で俺が教わったような「正しい勉強法」に触れる事さえ出来ない。

俺が鉄緑会で教わった正しい勉強法や、勉強に対する心構え、マインドセットと言われるものまで、その全てをメールで配信する事にした。

受験勉強の時間を奪わないように、2~3分で読めるコンパクトな文章にしてある。

本当に正しい勉強法を知りたいと、心から願っているような、
やる気のあるやつにしか、俺は教えるつもりはない。


以下のURLから10秒で登録ができる。
http://saiteyo.com/lp/teyolog/

てよ。

志を高く、第一志望に合格する事こそが自由な人生への最短ルートだ!
東京大学卒業後、教育業界で起業。
教育格差をなくしたい。
高2まで成績最底辺だった俺は、周りに馬鹿にされていた。
自分に自信もなく、人生が超絶つまらなかった。
そんな最底辺だった俺が、正しい勉強法を学んで実践。
約一年半で第一志望の東大に合格してしまう。
周りの見る目が変わり、生きる世界ごと、俺の人生は180度変わってしまった。
自身の勉強法を伝え、あらゆる受験生を合格射程圏内へ導くのが俺の使命だ。
大学在学中は、受験数学チームでリーダーとして活躍し、多くの受験生を指導。
日本で一番神戸大受験生の答案を見てきた俺は、
僅か3カ月で600万円以上の成果報酬を叩き出す。


誰にも縛られずに付き合いたい人とだけ付き合い
自信に満ち溢れて生きていく事が最も幸せな事
という価値観の元で俺は生きてきた。
これを達成する為に、高学歴である事が最短ルートだと俺は考えている。
それは何故なのか?
俺の全てがここにある

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「てよ」の底辺人生からの
下克上物語はこちら!!