【悲報】教科書レベルの知識でさえ、完璧に覚えていない人が多い件。【教科書を完璧にすれば点数は飛躍的に上がります】

Pocket

こんにちわ、てよです。



数学って一生役に立ちますよね。



特に僕は今でも学生に数学を教え続ける事で、生活できていますし、日常での困ったことでも数学を使う事が良くあります。



さて、数学について、下記のような質問をもらいました。

数学の教科書の例題を完璧にするためのやり方や手順を具体的に教えてください。

今回は、この質問に関する記事を書いていこうかなと思います。

数学は例題を解けるようになれればOKです

受験生の多くが数学に苦手意識を持っているようです。



僕は数学の点数を上げるうえで、「典型問題を習得するべき」という事は何度も何度も何度も言ってきました。



典型問題を習得するには、チャート式が最短・最適であるという事も話しています。



ですが、チャート式に移る前に、一つやっておかねばいけない事があります。



それが、教科書を完璧にする事です。



教科書のほとんどが「例題+練習問題」という構成をとっていると思います。



ですが、教科書と言っても全国の学校でバラバラであるのが実情ですので、



今回は僕が学校で使用していた「体系数学」を用いる方法を述べていきます。



基本的に、「例題+練習問題」の構成になっていれば、どの教科書でも良いです。

ファーストステップ:例題を理解しよう

教科書って、例えば連立方程式の章なら、連立方程式に関する説明がざらっとしてあって、



その後に例題があって、



その更に後に練習問題があるっていう形式が多いと思います。



この最初の”章の説明”と”例題の解説”までをよく読んで、理解してください。



この時点で分からない事があれば、調べたり先生に聞いたりして解決してください。



例題の解説が理解できたなら、実際に例題を解いてみます。



ここで①一発で例題が解ける②一発で例題が解けない



の2パターンになります。



①の場合は、そのまま練習問題に進んでください。



②の場合は、その例題にチェック印をつけたうえで、再度例題の解説を読んで、リトライします。



この方法で例題が、解答を見ずに完璧に解けるようになるレベルまでいったら、練習問題を解きます。

セカンドステップ:練習問題を解く

練習問題は、基本的には例題の数字を変えたものが多いです。



例題が解けるならば、練習問題は解けるはずです。



この手順で、練習問題を全て解ききってください。



ファーストステップ→セカンドステップの流れで、
例題と練習問題を全て理解するところまで進めましょう。



このやり方で、まずは教科書一冊を理解してください。


鉄緑会で学んだ正しい勉強法を手に入れる為には!?

この記事を読んでいるのは受験生がほとんどだと思いますが、
受験で勝つ為には、勉強のプロから直接指導を受けるのが確実です。

勉強を始める前に、正しい勉強法を知っておくことを激しくオススメします。

何故かというと、我流の勉強法で勉強をしていても、

「たくさん勉強しているのに成績が上がらない!」とか
「勉強しても成績上がらんしゲームしちゃおっ」とか思っちゃうからです。

だって、その勉強法で絶対に成績が上がるかなんて、分からないですよね。

正しい勉強法を知るためには、
受験勉強を極めた存在である東大生に聞くのが一番良いです。

俺が鉄緑会で学んだ正しい勉強法や、
東大生が当たり前にもっているマインドセットなどは、
毎週発行しているメールマガジンで無料で見れます。

更に俺が受験生時代に使ってよかった参考書や勉強習慣の作り方など、
受験勉強に役立つ情報をたくさん紹介しているので、
是非登録してみてくださいね!!

メルマガ読者限定のコンテンツや、特典PDF、限定動画を配ったり、
数学で受験生が良く間違えるポイントなどについても、

丁寧に解説しています!!

勉強に関する質問も、メルマガ読者には優先的に答えています。

下記ページから5秒で登録できるので、
タダで勉強法を手に入れちゃってください。

メルマガ登録ページはこちら!

教科書を完璧に理解するところから始めましょう

これは僕が実際に行った方法でもありますし、



鉄緑会に入ってからも、基礎の基礎を超重要視するようにも言われていました。



そもそも、基礎の基礎が出来ていなければ、鉄緑会には入れていません。



入会テストは基本的な問題で構成されています。



教科書の問題を疎かにして、難しい問題を解こうとしている人は、自動的に落ちる仕組みになっています。



(鉄緑会の数学の入会テストでは教科書に載っている基礎事項のようなもの、ほとんど全てが問われていました)



だからこそ、僕は基礎を重要視しています。



数学は典型問題=すなわち、基礎問題の組み合わせです。



どんな難問でも、要素に分解していくと、簡単な、



基本的な教科書に載っているような例題に帰着できます。



難しい問題を後々解けるようになるためにも、教科書の例題レベルは完璧に抑えておく必要があります。



正直、教科書レベルの問題が一つでも解けない時点で相当ヤバイです。



基礎の基礎ですからね。



「教科書なんて簡単すぎて、やる気にならない」



そう思っているなら、逆にやってみましょう。



簡単なら、すぐに終わるはず。



中学1年の教科書からはじめて、数学の基礎を確実にしましょう。



僕が実際に使っていた教科書を貼っておきます。
画像をクリックすると、amazonのリンクに飛びます。



この体系数学は、



都内の中高一貫校では一般的に使用されている教科書です。



地方の学校で、都内の生徒のレベルに追いつきたい場合や、



都内の生徒のレベルを超えたい場合、



この教科書が最適だと思っています。

近いうちに、教科書を完璧にした人向けに、チャート式についての記事を詳細に書いてみようかなと思っています。



大学受験数学の勉強法【応用は基礎が完璧になってから】

2019.08.16

それでは今回はこの辺で終わりにします。

志を高く、第一志望に合格する事こそが自由な人生への最短ルートだ!
東京大学卒業後、教育業界で起業。
教育格差をなくしたい。
高2まで成績最底辺だった俺は、周りに馬鹿にされていた。
自分に自信もなく、人生が超絶つまらなかった。
そんな最底辺だった俺が、正しい勉強法を学んで実践。
約一年半で第一志望の東大に合格してしまう。
周りの見る目が変わり、生きる世界ごと、俺の人生は180度変わってしまった。
自身の勉強法を伝え、あらゆる受験生を合格射程圏内へ導くのが俺の使命だ。
大学在学中は、受験数学チームでリーダーとして活躍し、多くの受験生を指導。
日本で一番神戸大受験生の答案を見てきた俺は、
僅か3カ月で600万円以上の成果報酬を叩き出す。


誰にも縛られずに付き合いたい人とだけ付き合い
自信に満ち溢れて生きていく事が最も幸せな事
という価値観の元で俺は生きてきた。
これを達成する為に、高学歴である事が最短ルートだと俺は考えている。
それは何故なのか?
俺の全てがここにある

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「てよ」の底辺人生からの
下克上物語はこちら!!