【大学受験における裏技】隙間時間を活用しよう【5分の積み重ねで大逆転】

Pocket

こんにちは、てよです。


最近僕の住んでいる地域でもウーバーイーツが導入されて、嬉しい限りです。


正直、ごはんを用意する為に使う時間って、かなり無駄です。


毎回20-30分かかるし、昼夜と毎日続くのを考えると、できるだけ外注したくなります。


その時間があるなら、記事を書きたいし、筋トレしたいし、本を読みたいですよね。


だからこそ、僕は昼ごはんは、ほとんどが出前館でデリバリーしてもらうか、
インスタント麺で済ませてます。


ウーバーイーツが使えるようになったので、ごはんの選択肢が増えて嬉しいですね。


さて、今日は隙間時間を有効に使おう、という話です。

【隙間時間を使え】5分の差が命取りに!?

隙間時間を有効に使えなければ、上位層とはどんどん差がついていく。

僕の高校では、授業と授業の間に10分間の休みがありました。


高校によっては5分かもしれません。


いずれにしても、この時間を有効に活用できるかどうかで、
難関大学受験の合否を分けると言っても過言ではありません。


なぜなら、たった10分でも、一日6時限と考えると昼休みを考えても

1時限目-2時限目 :10分
2時限目-3時限目: 10分
3時限目-4時限目 :10分
昼休み
5時限目-6時限目 :10分

もしこの隙間時間に寝ていたり、ぼーっとしていたり、
友達と話をしていたりして無駄に過ごしていたとしたら


こうやって1日に40分の差ができます。


週5日で200分の差になって、一か月では800分=13時間余りの差になるんです。


僕の高校では、高校2年生になると、私立受験組か国立受験組に分かれるのですが、


国立受験組のクラスでは、この隙間時間に勉強をしていない生徒は殆どいませんでした。


休み時間に入ると、単語を復習したり、次の授業の予習をしたり、塾の宿題をやったり….etc


塵も積もれば山となるとは、まさにこのことです。

鉄緑会で学んだ正しい勉強法を手に入れる為には!?

この記事を読んでいるのは受験生がほとんどだと思いますが、
受験で勝つ為には、勉強のプロから直接指導を受けるのが確実です。

勉強を始める前に、正しい勉強法を知っておくことを激しくオススメします。

何故かというと、我流の勉強法で勉強をしていても、

「たくさん勉強しているのに成績が上がらない!」とか
「勉強しても成績上がらんしゲームしちゃおっ」とか思っちゃうからです。

だって、その勉強法で絶対に成績が上がるかなんて、分からないですよね。

正しい勉強法を知るためには、
受験勉強を極めた存在である東大生に聞くのが一番良いです。

俺が鉄緑会で学んだ正しい勉強法や、
東大生が当たり前にもっているマインドセットなどは、
毎週発行しているメールマガジンで無料で見れます。

更に俺が受験生時代に使ってよかった参考書や勉強習慣の作り方など、
受験勉強に役立つ情報をたくさん紹介しているので、
是非登録してみてくださいね!!

メルマガ読者限定のコンテンツや、特典PDF、限定動画を配ったり、
数学で受験生が良く間違えるポイントなどについても、

丁寧に解説しています!!

勉強に関する質問も、メルマガ読者には優先的に答えています。

下記ページから5秒で登録できるので、
タダで勉強法を手に入れちゃってください。

メルマガ登録ページはこちら!

大学受験勉強で成功し、第一志望の学校に合格する為には、やり抜く力が必要だ。

僕が中学高校と成績最底辺から東大に合格できたように、人は、自分が望むように生まれ変わることが出来ます。


誰にだって下克上することは出来ます。


多くの人が、勉強の才能、頭の出来は生まれた時から決まっていて、自分の努力ではどうしようもないものだと、考えています。


でも、それは明らかな間違いで、多くの研究でも実証されている事実です。


受験勉強で成功する為には、日々、インプットをし続ける必要があります。


どんな教科でも、努力次第でいくらでも伸ばせます。


自分が第一志望の学校に受かっている状況を想像してください。


そして、そこに至るまでの障害を書き出してみましょう。


受験に勝った自分と、今の自分を比べてみてください。


何が足らないのか?


たとえば英語が苦手だったらどうすればよいのか?


単語と文法とリスニングを強化する、もうこれだけなんです。


今日、単語を覚える時間は、本当にありませんでしたか?


今日、文法を復習する時間は、本当にありませんでしたか?


今日、リスニングに割く時間は、本当にありませんでしたか?


まずはやるべきことをしっかり決めて、やる。


成功は、正しい選択や戦略、正しい行動によってつかむもので合って、決して生まれつきの才能で決まるわけじゃない。


今日はこの辺で。

志を高く、第一志望に合格する事こそが自由な人生への最短ルートだ!
東京大学卒業後、教育業界で起業。
教育格差をなくしたい。
高2まで成績最底辺だった俺は、周りに馬鹿にされていた。
自分に自信もなく、人生が超絶つまらなかった。
そんな最底辺だった俺が、正しい勉強法を学んで実践。
約一年半で第一志望の東大に合格してしまう。
周りの見る目が変わり、生きる世界ごと、俺の人生は180度変わってしまった。
自身の勉強法を伝え、あらゆる受験生を合格射程圏内へ導くのが俺の使命だ。
大学在学中は、受験数学チームでリーダーとして活躍し、多くの受験生を指導。
日本で一番神戸大受験生の答案を見てきた俺は、
僅か3カ月で600万円以上の成果報酬を叩き出す。


誰にも縛られずに付き合いたい人とだけ付き合い
自信に満ち溢れて生きていく事が最も幸せな事
という価値観の元で俺は生きてきた。
これを達成する為に、高学歴である事が最短ルートだと俺は考えている。
それは何故なのか?
俺の全てがここにある

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「てよ」の底辺人生からの
下克上物語はこちら!!