【No.1】ゼロ秒思考: 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

Pocket

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

本書は外資系コンサルティングファーム「マッキンゼー」出身の著者が書いた一冊だ。

「マッキンゼー」は東大生が1000人面接を受けても10人しか受からないと言われている、東大生にとって、超人気就職先の一つである。

そんなマッキンゼーに14年間在籍し、グローバルに多くの仕事を行ってきた著者が、「論理的思考」にフォーカスして紹介している。

そもそも、論理的思考とは、「物事を分かりやすく説明し、相手に納得してもらうための考え方」との事だ。

日本の会社は、だらだらと長い無駄な会議をする事が多い。

考え込んで時間だけが過ぎてしまっていたり、

説明が長すぎて結局要点が分からず、何を言いたいのか分からなくなってしまったり。

論理的な思考、論理力を鍛えるために最適なものとして、

著者は「1日10分のメモ書き」を推奨している。

そのメリットとして

・メモ書きを続けることで、頭の回転を速くすることが出来る。

・仕事のスピードを上げることが出来る。

・アイデアが溢れ出るようになる

・問題の解決力が上がる

などがある。

シンプルなたった1日10分のトレーニングは、
紙とペンさえあれば、いつでもどこでも行える。

受験生や、社会人にもお勧めできる一冊だ。

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

志を高く、第一志望に合格する事こそが自由な人生への最短ルートだ!
東京大学卒業後、教育業界で起業。
教育格差をなくしたい。
高2まで成績最底辺だった俺は、周りに馬鹿にされていた。
自分に自信もなく、人生が超絶つまらなかった。
そんな最底辺だった俺が、正しい勉強法を学んで実践。
約一年半で第一志望の東大に合格してしまう。
周りの見る目が変わり、生きる世界ごと、俺の人生は180度変わってしまった。
自身の勉強法を伝え、あらゆる受験生を合格射程圏内へ導くのが俺の使命だ。
大学在学中は、受験数学チームでリーダーとして活躍し、多くの受験生を指導。
日本で一番神戸大受験生の答案を見てきた俺は、
僅か3カ月で600万円以上の成果報酬を叩き出す。


誰にも縛られずに付き合いたい人とだけ付き合い
自信に満ち溢れて生きていく事が最も幸せな事
という価値観の元で俺は生きてきた。
これを達成する為に、高学歴である事が最短ルートだと俺は考えている。
それは何故なのか?
俺の全てがここにある

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「てよ」の底辺人生からの
下克上物語はこちら!!