受験生は毎日時間を無駄にしすぎている件【1日12時間余裕で勉強できるようになる方法】

Pocket

自分が毎日どれだけ時間を無駄に過ごしているのか理解しよう!

どうも、てよです。



今回は時間についてのお話。



もう八月も終わりますね。



夏休み、勉強できていますか?



もしも夏休みの間、自分の満足のいくような勉強ができなかったとしても、決して焦らないでください。



9月から受験のある2月までは、夏休みよりもずっと長いです。



まだまだ挽回できます。



さて、みなさんは一日に何時間勉強していますか?

一日6時間の勉強なんかで自慢するのは止めよう

僕はSNSでも多くの学生のツイートを読んでいます。



その中で、「今日は〇時間勉強したぜ~」と記録するツイートも多くあります。



授業や部活のない夏休みだからこそ、もっと本気を出して勉強して欲しいと思っています。



1日12時間、余裕で出来るようになります。



まず、1日24時間は人類皆平等に与えられています。



ここから睡眠時間を除きましょう。



一般的な人であれば、8時間でしょうか。


受験生であれば、7時間にしても良いかもしれませんね。


僕の場合、5時間まで睡眠を削っていました。



睡眠を削ったことで、勉強のパフォーマンスが落ちてしまっては、本末転倒です。



睡眠時間を削る際は、自分の勉強パフォーマンスが落ちないギリギリまでにしましょう。



自分の最適な睡眠時間を見つけるためには、少しずつ睡眠時間を短くしていくのが一番手っ取り早いです。




さて、仮に睡眠時間を7時間と仮定します。




1日24時間から7時間を引くと、17時間余ります。




ここからは、学校がある日とない日にわけて説明していきます。

①長期休暇で学校の授業がない場合

この17時間の内、食事やお風呂、歯磨きなど必要最低限の時間を考えると、3時間は余分にとっておきましょう。



勿論、受験直前期にはこの3時間も極限まで削ります。



17時間から3時間を引くと、残りは14時間です。



この時間が、理論上あなたが勉強可能な時間です。



「俺は今日6時間も勉強したぜ!!」



という言葉は、裏を返すと、



(俺は本当は更に8時間勉強出来たんだけど、さぼってしまった・・・)



という事なのです。



勿論、そんなに長く勉強しても、集中力が続かないし、効率が落ちるのではないかという声もあるかと思います。



これは、正直慣れで解決できます。



はじめは6時間でも良いかもしれません。



ですが、徐々に勉強時間を増やしていきましょう。




小さいときは自転車に乗れなかったですよね。



だんだん自転車に乗れるようになったのと同じで、



勉強でさえも、慣れてしまえばどうってことなくなるんです!!

②毎日学校がある場合

学校がある場合、先ほどの17時間の内、朝7時から16時くらいまではつぶれますよね。


ですから、17時間から9時間を引きましょう。



残りはなんと8時間です。



毎日学校があって、そんなに勉強できないじゃん!!!



そう思っていませんでしたか?



実は、学校が毎日ある日でさえも、1日8時間勉強することは可能なのです。



勿論、ここからお風呂や夜ご飯、歯磨きなどの時間を引かなければいけないでしょう。


それでも、少なくとも6~7時間は勉強できますね!

鉄緑会で学んだ正しい勉強法を手に入れる為には!?

この記事を読んでいるのは受験生がほとんどだと思いますが、
受験で勝つ為には、勉強のプロから直接指導を受けるのが確実です。

勉強を始める前に、正しい勉強法を知っておくことを激しくオススメします。

何故かというと、我流の勉強法で勉強をしていても、

「たくさん勉強しているのに成績が上がらない!」とか
「勉強しても成績上がらんしゲームしちゃおっ」とか思っちゃうからです。

だって、その勉強法で絶対に成績が上がるかなんて、分からないですよね。

正しい勉強法を知るためには、
受験勉強を極めた存在である東大生に聞くのが一番良いです。

俺が鉄緑会で学んだ正しい勉強法や、
東大生が当たり前にもっているマインドセットなどは、
毎週発行しているメールマガジンで無料で見れます。

更に俺が受験生時代に使ってよかった参考書や勉強習慣の作り方など、
受験勉強に役立つ情報をたくさん紹介しているので、
是非登録してみてくださいね!!

メルマガ読者限定のコンテンツや、特典PDF、限定動画を配ったり、
数学で受験生が良く間違えるポイントなどについても、

丁寧に解説しています!!

勉強に関する質問も、メルマガ読者には優先的に答えています。

下記ページから5秒で登録できるので、
タダで勉強法を手に入れちゃってください。

メルマガ登録ページはこちら!

毎日何時間勉強したのか記録をつけよう

自転車がいつの間にか乗れるようになってしまったのと同じ理由で、勉強でさえもいつかは慣れてしまいます。



僕はこれらの時間の考えを知ってから、毎日どれだけ勉強したのかを記録するようになりました。



時間の考えを知る前は、1日3時間勉強しただけでも偉いと思って過ごしていました。



中学と高校最底辺の成績で過ごしてきた僕でさえ、時間についてのこの考えを理解するだけで、



1日の時間の使い方がめちゃくちゃ上手になりました。




具体的には、徐々に睡眠時間を削るようになって、1日12時間勉強できるようにしました。



この時間の考え方を知っている人は、受験生の間では多くありません。



ですが、東大受験生や東大生にとっては、当たり前の考え方かもしれませんね。

1日は人類皆平等に、24時間与えられている

その時間の使い方をマスターできてしまえさえすれば、



受験に勝った!!と言っても、良いのではないでしょうか。



こんなところで、今回の記事を終わりにしようと思います。

志を高く、第一志望に合格する事こそが自由な人生への最短ルートだ!
東京大学卒業後、教育業界で起業。
教育格差をなくしたい。
高2まで成績最底辺だった俺は、周りに馬鹿にされていた。
自分に自信もなく、人生が超絶つまらなかった。
そんな最底辺だった俺が、正しい勉強法を学んで実践。
約一年半で第一志望の東大に合格してしまう。
周りの見る目が変わり、生きる世界ごと、俺の人生は180度変わってしまった。
自身の勉強法を伝え、あらゆる受験生を合格射程圏内へ導くのが俺の使命だ。
大学在学中は、受験数学チームでリーダーとして活躍し、多くの受験生を指導。
日本で一番神戸大受験生の答案を見てきた俺は、
僅か3カ月で600万円以上の成果報酬を叩き出す。


誰にも縛られずに付き合いたい人とだけ付き合い
自信に満ち溢れて生きていく事が最も幸せな事
という価値観の元で俺は生きてきた。
これを達成する為に、高学歴である事が最短ルートだと俺は考えている。
それは何故なのか?
俺の全てがここにある

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「てよ」の底辺人生からの
下克上物語はこちら!!